平成29年度 家庭教育学級 第1回・2回の活動報告(2017年7月28日)

すみれこども園では、父母の会の活動として、毎年家庭教育学級を開設し、保護者のみなさんと子育てについて考える時間や保護者同士の交流の場を設けています。

今年度は、家庭教育学級をより身近に感じてもらえるよう、親子給食を学年ごとに実施致しています。6月21日は年少組、7月14日は年中組を対象に親子給食を行い、園の管理栄養士さんより「食育」についての講話をいただきました。

年少組の親子給食の献立は、ご飯、みそ汁、シーチキンの包み上げ、春雨サラダ、筑前煮、オレンジでした。栄養バランスはもちろん、彩りや子ども達が食べやすいように小さめにカットするなど、至る所に園給食ならではの配慮や工夫がみられ、また食材1つ1つにも国産品や手作りのものを使用していることを知り、感心しました。
毎日温かくおいしい給食を用意してくださる職員の皆さんに本当に感謝です。

また、家庭でもできるレシピの紹介もあり、早速家庭でも挑戦してみました。簡単に作ることができて子ども達も大喜びでした!
他にも、栄養士さんより偏食やおやつの与え方についてのお話もあり、これまでの食生活を見直す良い機会になりました。

今回の親子給食、栄養指導を通して、私たち保護者も子ども達が普段どのような給食をどのように食べているのか知ることができ、また他の保護者の方との情報交換をすることで、今後の子育てに繋がる有意義な時間を過ごすことができました。

.                                      家庭教育学級長  塩入 淳子

 

親子給食②

親子給食①