すみれニュース(vol.346)2018年10月18日

 涼しさを感じる虫の声に、地面に重なる落ち葉や木の実。季節はすっかり秋ですね。子どもたちは落ち葉を踏みしめたり、どんぐりを拾ったりと、秋の自然を楽しんでいます。

 先日第42回の親子運動会を終えた子どもたちは一回りも二回りも逞しく成長しました。みんなで頑張ってきた練習の成果を、保護者の皆様の前で披露し、たくさんの応援や拍手、誉め言葉を頂けたことは、子どもたちの大きな自信となったことでしょう。しばらくは心身共に休まる穏やかな日々を過ごしていきたいと思います。

 秋と言えば実りの秋。5月に植えたさつま芋の苗も大きく成長して収穫時期を迎え、10月11日にさつま芋堀りを行いました。この日を待ちわびていた子どもたちは、「大きなお芋、掘りたいね!」「頑張ろうね!」と朝からやる気満々!

 遊び着や手を真っ黒にしながら、夢中で土を掘る子どもたち。今年度は豊作で、あちらこちらで「大きなお芋がとれた!」の大合唱がすぐに聞こえてきました。

 しかし、子どもの小さな手ではなかなか土を除けることができず、「全然とれないよ~。」と、苦戦している子もいました。そんなお友達に、「一緒に掘ってあげる!」「先生も手伝ってあげて!」と声を掛け合い、協力しあう子どもたち。何をやるにも1人でいっぱいいっぱいだった一学期を思い出すと、困っているお友達に気づき、手伝うことができるようになった姿に大きな成長を感じました。

 みんなで頑張って掘ったお芋はおうちに持ち帰りをしました。後日、味の感想を聞いてみると「美味しかった!」と、皆喜びがいっぱいの表情で答えてくれました。10月19日のプレイデーでは、おじいちゃんとおばあちゃんを招いての芋煮会があります。美味しいさつま芋を使ったメニューを子どもたちと一緒にお楽しみください。

                                                 たんぽぽ組  きむら さやか

    お芋掘り楽しかったね!

    なかよしたんぽぽ組!