すみれニュース(vol.396)2019年11月7日

 日中のぽかぽかとしたお日さまがより温かく感じられる程、朝晩の冷え込みに晩秋の気配が深まる頃になりました。
 さて、11月9日は文化祭です。子どもたちはその日のためにいろいろな作品を作ってきました。また、子どもたちも文化祭当日が待ち遠しいようで、今週に入ってから文化祭までの日数を「あと何回こども園来たら文化祭なの!?」と毎日聞いてくるようになり、改めて子どもたちも文化祭を楽しみにしているのだと思いました。
 そんな年少組のテーマは「くれよんのくろくん」です。トイレットペーパーの芯を使って好きな色のクレヨンを作りました。また、絵本の中に出て来る乗り物を牛乳パックや、ペットボトルで作りました。ハサミで折り紙を切ったり、弾き絵などをしました。たくさん工程がある中で、子どもたちは最後まで頑張って作ることができました。共同制作では、子どもたちが一生懸命に手伝ってくれて、たんぽぽ組らしい作品が出来上がると思います。当日を楽しみにしていてください!

 最近では、朝登園してくるとすぐに「外に遊びに行ってくる!」と言って縄跳びを持って元気に遊びに行く様子が見られます。子どもたちは縄跳びをどのように使い、遊んでいるのかなと、見に行ったら持ち手で絵を描く子や、列車にして遊んでいる子が多かったです。年少さんらしい使い方だなと思いました。
自分の思いなど言葉で伝えられるようになったり、自分のことは自分でやるようになり、日々子どもたちが成長しているなと感じます。これからも子どもたちと毎日楽しい生活が送れるように頑張りたいと思います!
                                                         たんぽぽぐみ ちば まりこ

     なにができるのかな?

      縄跳び列車出発!