テスト

001

002

003

004

002

005

昭和52年(1977年)の創立以来、40年間今日に至るまで3,000名余りの卒園生を送り出してきた伝統あるこども園です。
平成21年4月から敷地を移転し、新園舎を建設しました。
平成22年4月に県から「幼保連携型 認定こども園」の認可を受けて「すみれ保育園」(定員30名)を併設しました。
平成25年4月に和風の東棟新築、保育園を増築しました。
平成27年2月に游藝棟を新築しました。
平成27年4月1日、茨城県知事から、子ども・子育て支援新制度における幼保連携型認定こども園「すみれこども園」として認可を受けました。
平成29年4月1日、「すみれナーサリー」を開園しました。
aisatsu2

enji-n-taitle
15276-02
hoiku

◆新制度における入園手続きについて
・認定こども園を利用するには、お子様一人ひとりに対して、市の認定が必要になります
・認定の区分は三種類あり、選択して認定の申請をしていただきます。
区分 利用できる時間 認定条件
1号認定 4時間(預かり保育利用可) 満3歳以上で教育を希望される場合
2号認定 最長8時間~11時間 満3歳以上で教育・保育が必要と認定された場合
3号認定 最長8時間~11時間 0歳から2歳児で保育が必要と認定された場合
・当園は1号認定・2号認定・3号認定すべてのお子様をお預かりする事ができます。
◆手続き方法 ・・・ 入園申込書支給認定申請書を園に提出してください。
詳しくは園までお問い合わせください。
開園 … 午前7時   閉園 … 午後6時30分

2015s

hoiku2

1号認定保育料 (私立幼稚園・認定こども園)
階 層 区 分 保育料
第1階層 生活保護世帯 0円
第2階層 市民税非課税世帯(市民税所得割非課税世帯含む) 1,000円
第3階層 市民税所得割課税額 77,100円以下 7,000円
第4階層 市民税所得割課税額 211,200円以下 11,500円
第5階層 市民税所得割課税額 211,201円以下 17,000円
小学校3年生以下の兄弟がいる場合
(小学校3年生以下の年長者から順に1人目2人目とする) 2人目→半額 3人目以降→無料

★給食代1食350円、おやつ代1回50円、バス代往復月額3,000円(片道1,500円)、行事費月額500円、保護者会費月額500円、絵本代月額500円前後は別途かかります。


2号
3号認定保育料
階 層 区 分 3歳未満児保育料 3歳児保育料 4歳以上児保育料
標準時間 短時間 標準時間 短時間 標準時間 短時間
第1階層 生活保護世帯 0円 0円 0円 0円 0円 0円
第2階層 市民税非課税世帯 4,000円 3,900円 2,400円 2,300円 2,400円 2,300円
第3階層 市民税非課税世帯48,600円未満 10,000円 9,800円 7,000円 6,800円 7,000円 6,800円
第4階層 市民税非課税世帯97,000円未満 19,000円 18,600円 16,000円 15,700円 16,000円 15,700円
第5階層 市民税非課税世帯169,000円未満 33,000円 32,400円 25,000円 24,500円 23,000円 22,600円
第6階層 市民税非課税世帯301,000円未満 45,000円 44,200円 26,000円 25,500円 23,000円 22,600円
第7階層 市民税非課税世帯397,000円未満 52,000円 51,100円 26,000円 25,500円 23,000円 22,600円
第8階層 市民税非課税世帯397,000円以上 58,000円 57,000円 26,000円 25,500円 23,000円 22,600円
同一世帯から2人以上こども園、幼稚園、保育園等に同時入所している場合 2人目→半額 3人目以降→無料
★給食代1食120円、おやつ代1回50円、バス代往復月額3,000円(片道1,500円)、行事費月額500円、保護者会費月額500円、絵本代月額500円前後は別途かかります。3号認定は給食代無料
※その他年齢によって価格が違いますが、別途制服代、学用品代がかかります。12月の学用品購入の時に納入いただきます。

※その他保育料について
〇市町村民税非課税世帯の第2子は無償で保育を受けられます。

1号認定
階層区分 保育料(第2子)
第2階層 0円
2・3号認定
保育料(第2子)
階 層 区 分 3歳児未満 3歳児 4歳以上
標準時間 短時間 標準時間 短時間 標準時間 短時間
第2階層 0円 0円 0円 0円 0円 0円

〇年収約360万円未満相当世帯(市町村民税の合算額77,101円未満)のひとり親世帯等の保護者負担が軽減されます。

1号認定
階層区分 保育料(第2子)
第3階層(所得割課税額77,101円未満) 1,000円
2・3号認定
保育料(第2子)
階 層 区 分 3歳児未満 3歳児 4歳以上
標準時間 短時間 標準時間 短時間 標準時間 短時間
第3階層
(所得割課税額48,600円未満)
4,000円 3,900円 2,400円 2,300円 2,400円 2,300円
第4階層の一部
(所得割課税額77,101円未満)
4,000円 3,900円 2,400円 2,300円 2,400円 2,300円

※第2子以降保育料は平成28年度の改正で無償化

kyusyoku
3歳・4歳・5歳児
完全給食(自園給食及び外部搬入)。自園給食は学年ごとに週3~4回程度。 ただし、月2回保護者手作りのお弁当の日あり
0歳・1歳・2歳児
自園調理による完全給食。 ただし、月2回保護者手作りのお弁当の日あり。
◎当園の手作り給食の特徴
栄養士2名調理師2名を配置し、栄養バランスのとれた自園給食を提供。
旬の食材を中心に栄養士が食育を心がけたメニューを取り入れ、日本の伝統食もたくさん取り入れています。
野菜、果物を多く使用しています。
すみれこども園の園長先生と調理師による特製の手作り味噌を使用。おいしい味噌に子ども達の食欲も増し、残さず食べられるようになりました。
食物アレルギーにおきましても、ご相談の上、対応いたします。
離乳食は個人差がありますので、献立表を基本として取り入れています。

 

平成28年4月1日
すみれこども園
園長 柴田幸子
職 員 一同
「創立40周年の記念ブロンズ像建立に当たっての誓い」
すみれこども園は、今年創立40周年を迎えます。
この節目の記念に游藝棟の一角にブロンズ像を建立しました。
日本芸術院会員で彫刻家の能島征二先生の作品です。ブロンズ像の台座正面には、創立時からの園訓でもある、すみれの花ことば「愛」の文字が刻まれ、側面には当園のモットーである、『全てを子ども達の未来のために』の言葉が刻まれています。このブロンズ像は、“母と子”、“先生と子ども”をイメージしたものです。
(母と子)
母は子を大きく包み、子どもの未来を見つめながら立派に育てるという、強い意思が表情に出ています。子は母の慈愛に浸って安心したまなざしで見上げています。
(先生と子ども)
保育教諭は子ども一人ひとりを愛し寄り添いながら、子ども達の個々の育つ力を信じて伸ばしていこうという信念が表れています。子どもは、先生を信頼して慕い続けています。この像は保育教諭にとって、自らの姿を写す鏡として、子ども達にどう関わるべきかを常に思い起こすための精神的なバックボーンとなるものです。
私たち教職員は、子ども達が80年先まで一流の生き方をしていくための、大切な基礎づくりに携われる喜びと重責を認識しています。そして、私たちはいつもこの像に語りかけます。
出勤時:「おはようございます。今日一日楽しく元気に過ごせるよう見守ってください。」
退勤時:「今日も楽しく遊び、無事に過ごせました。ありがとうございました。」そして、私たち教職員は保育教諭としての誇りと使命感を持ち「大きな愛」「深い愛」「豊かな愛」の中で、母と子、先生と子どもの「絆」を更に強くして、人間愛にあふれたこども園にしていきたいと思っています。このブロンズ像は未来永劫まで、すみれこども園のシンボルとして、子ども達の健やかな成長を見守り続けてくれることでしょう。

 


kyusyoku17

この度、すみれこども園では今後のこども園のあり方をよりよくするため、新入園児の保護者の皆様に「お子様の幼稚園・認定こども園・保育園選びの基準について」のアンケートを依頼いたしました。(平成29年5月実施)ここに、回答の集計結果がまとまりましたのでご報告させていただきます。

Ⅰ.回答の集計報告
選考において最も重視した項目 ◎   選考において基準にした項目 ○
002
Ⅱ.回答の集計報告
そう思う ◎   どちらかといえばそう思う ○
003


Ⅲ.当園の施設についての記述(要約)

・園舎がきれい。
・園庭が広く、遊具がたくさんあるため、走り回って遊んだりと伸び伸びと過ごせそう。
・芝生がある。
・園の雰囲気が緩すぎず厳しすぎず丁度よい。


Ⅳ.当園の方針や保育教育内容について共感できるところについての記述(要約)

・子どもたち一人ひとりの個性に合った接し方をしている。
・教材を使わない自由保育のため、伸び伸びと過ごせる。
・行事やプロジェクトが豊富にあり、様々な経験ができる。


Ⅴ.当園の職員についての記述(要約)

・若い先生が多く活気があり、子どもたちや保護者と一生懸命関わっている。
・ベテランの先生のフォローもあり安心。
・送迎時、少し離れた場所からでも挨拶してくれて気持ちがよい。
・子どもだけでなく保護者にも優しく気遣ってくれる。
・送迎時に園での様子を伝えてくれるため、園での様子が知れる。


Ⅵ.当園に入園して良かったと思うことについての記述(要約)

・園長先生が園庭に出ていることが多く、子どもや保護者と関わる機会を持ってくれる。
・職員数が多いため、子どもに目が行き届いているように感じる。
・園庭、保育室などが清掃されていてきれい。
・自分でできることが増え、生活リズムもできてきた。
・園庭が広いため外でたくさん遊べる。
・自園給食がおいしい。
・トイレトレーニングにも協力してくれる。
・子どもが園の話をよくするようになったが、とても楽しそう。
・英語、体操、農業など、今まで体験したことのないことをたくさん経験させてくれる。
・子どもに何かあるとすぐに連絡をくれるので安心。
・どの先生も名前を覚えてくれ、担任以外の先生も子どもの様子をよく伝えてくれ安心。
・先生が大好きな様子が子どもから伝わってきてうれしい。
・先生が優しくかかわってくれる。


Ⅶ.その他、園に対する要望についての記述と園としての対応(要約)

・年度末に退職される職員の報告がほしい。また、新しい職員の紹介をしてほしい。
⇒園だより等でお知らせをさせていただきたいと思います。

・運動会の場所が狭くなり不安。午前中に終了してもよいのではないか。
⇒子どもたちの練習の成果を見ていただきたいので、例年通り午後まで行いたいと思います。十分なスペースを取れず申し訳ありませんが、保育室を開放しますので昼食時はご家族でお弁当を囲み、ゆっくりと楽しい時間を過ごしていただければと思います。

・職員のエプロンに記名があると分かりやすい。
⇒実施していきたいと思います。

・お弁当を月1回にしてほしい。
⇒子どもたちは保護者の方の美味しいお弁当を楽しみにしていますので、お弁当日は月2回設けていきたいと思います。

・19時までの延長保育があるといいのではないか。
⇒ご家庭でのお家の方との関わりを大切にして頂きたいと思いますので、延長保育は18:30までのお預かりとさせていただきます。

・行事のお知らせを早めに教えてほしい。
⇒なるべく早めにお伝えできるよう努力していきたいと思います。主な行事の日程は年間行事予定表をご覧ください。変更等がある場合は早めにお知らせいたし